2010年02月28日

川村明宏のジニアススタディ 効果

詳細はこちらをクリック


人の10倍以上の勉強量を確保して合格する方法


大学入試や資格試験などの合否は勉強量で決まります。


もちろん、当日の体調や運・不運なども関係はありますが、
それらは「ブレ」であって、大勢は勉強量で決まります。


勉強量は学習効率と勉強時間で決まります。


[勉強量]=[学習効率]×[勉強時間]


大まかには、こんなイメージでしょう。


だらだらと効率の悪い勉強をしていたのでは、
トータルの勉強量はなかなか増えません。
当然、結果も出ません。


一生懸命に勉強しているという人も、よくよく話を聞いてみると、
学習効率が悪いまま、勉強時間だけを増やそうとしていたりします。


学習効率をアップさせる努力をしていないか、
あるいは、学習効率のアップに失敗しているのです。


例えば、1日6時間勉強している受験生がいるとします。
勉強時間だけ増やして勉強量を5倍にすることは不可能ですね。


でも、学習効率を5倍にアップすることは十分可能なのです。
その結果、トータルの勉強量も5倍に増えることになります。


川村明宏博士の「ジニアススタディ」というトレーニングを行うと、
学習効率を16倍程度にアップさせることが可能です。


人間は本来持っている能力を十分に発揮できていません。


例えば、「複数の事を同時に行う能力」は誰にでもあるのですが、
有効に活用できている人は少ないですね。


「ジニアススタディ」は本来持っているはずの能力を引き出します。
勉強スピードを16倍速にするわけです。


忙しいサラーリーマンが難関資格試験にチャレンジするなど、
物理的に十分な勉強時間を確保できない場合には、特に有効です。


また、人間の脳の働きを根本的に高めるトレーニングなので、
単に受験勉強だけでなく、仕事や日常生活にも役立ちます。


詳細はこちらをクリック




このサイトは、川村明宏博士の開発した勉強法「ジニアススタディ」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。





posted by Fermi at 11:34| ジニアススタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。